院内設備

施設のご案内

ナチュラルで親しみがある病院になるよう
「樹」をイメージしました。


待合・受付

どうぶつさんがなるべく緊張しないよう、病院らしくないようにしました。
飼い主さんや動物たちと身近に接することができるようあえてカウンターの横は開けています。

施設写真


第1診察室

主にわんちゃんの診察を行います。大きな窓もあり明るい雰囲気のお部屋です。

第2診察室

第2診察室は完全な個室になっています。怖がりなねこちゃんを診るためのお部屋です。
また調光ができるようになっていて、眼の診察や超音波検査を効率よく行うことができます。

処置コーナー

シャンプーや傷の洗浄などを行うことができます。


たるのどうぶつ診療所の頼もしいマシンたち

顕微鏡

顕微鏡です。地味ですが、いろんな場面で結構活躍します。
うんちの検査
おしっこの検査
皮膚の検査
血液の検査
腫瘍の検査
などなど・・
飼い主さんにも病気をしっかり理解していただき、一緒に治療にあたっていただきたいと思っています。
そんな思いから顕微鏡は画像がモニターに出せるものを選びました。

血液生化学検査装置「ドライケム」君

よく「お酒の飲みすぎで肝臓の数値が引っ掛かった」なんていう『肝臓の数値』などを出す機械です。
肝臓以外にも、腎臓やタンパク・血液のイオンのバランスを測ることができます。
血液検査でお待たせすることがありますが、この子が頑張って測ってくれている時間なのでご容赦ください。

全自動血球計算機「セルタックα」君

血液の中には細胞たちがいます。その細胞を種類ごとに数える機械です。
主に三つの細胞の数を測ってくれます。
貧血や感染症などの診断につながります。
これがなかった時は、顕微鏡をみて一つずつ数を測らないといけませんでした。

超音波検査装置

リアルタイムで体の中を見ることができる機械です。
すごい機械です!
なにより、どうぶつさんに優しいです。
痛みもなくレントゲンのように被ばくすることもないので安心です。
毛を刈らないといけないところが欠点です・・・

歯科関連器具

動物歯科をご覧ください

インキュベーター一体型クリーンベンチ

再生医療(細胞治療)を行う際に採取した細胞をこの中で扱います。またインキュベーターは細胞が過ごしやすい環境になっており、細胞培養をこの中で行います。