一番多い病気「歯周病」

皆さんは「歯周病」という言葉を一度は聞いたことがあると思います。

実は3歳以上のわんちゃん、ねこちゃんの80%以上が歯周病といわれています。(3歳時点ということは2歳や1歳でも何割かはすでに歯周病ということです)

一番罹患率が高い病気とも言えます。

歯周病の原因は細菌です。そして、何もしなければ進行していき歯茎やあごの骨が溶けていきます。

最後には歯が抜け落ちてしまい、穴が開きます。

また歯周病はお口の問題だけではなく、心臓の病気や糖尿病と関係があるといわれており

人では歯周病のある人寿命が短くなることが言われています。

わんちゃん、ねこちゃんの健康を考える上で重要な病気であることは間違いありません。

ではどうしたらよいのでしょうか?

 

一番良いのは歯周病にならないように予防することです。

そして、歯周病を最も効果的に予防する手段はすでに皆さんご存知の方も多いと思いますが、正しい歯ブラシを使った正しいブラッシングなのです。

正しい歯ブラシというところが一つ目のポイントで、それ以外のガーゼやガムといったものでは残念ながら予防ができません。

また一般で販売されている歯ブラシでも正しい歯ブラシを選択しなければ効果がないばかりか逆効果の場合もあります。

二つ目のポイントは正しいブラッシングです。残念ながらせっかくブラッシングをしているのに歯周病になってしまう動物がいます。

その場合は正しいブラッシングができていないことが多いのです。

正しい歯ブラシの正しいブラッシングのお話はまた別の機会にお伝えします。

 

ではすでにお口が臭っているような歯周病になってしまっている子はどうするのでしょうか?

それは、まず病院に行くことです。人でも、お口のトラブルがある場合は歯医者さんにいきますよね。

残念ながら動物の歯医者さんは限られていますので、動物病院に行きましょう。

そこで、お口の状態を可能な限り元のきれいな状態までリセットしてもらいます。

そのうえで、それ以上進行しないようにブラッシングを始めてください。

 

いかがでしたでしょうか?

歯周病は皆さんに関係のない病気ではなく最も身近な病気です。

正しい知識を持ってしっかりと治療、予防しましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です