キャバリアのかみ合わせ

キャバリアという犬種は皆さんご存知でしょうか?

日本での正式名はキャバリア・キング・チャールズ・スパニエルと言います。(以下キャバリアとします)

比較的性格がよい子が多く、あどけない表情とよい毛並みを持ちます。

ただ獣医療に携わる人はどうしても病気の事を考えてしまいますが、病気が多い犬種のイメージです。

 

今回キャバリアの子犬の避妊手術と乳歯抜歯を行いました。

当院では避妊手術を希望される場合、乳歯の脱落の状況にタイミングを合わせて麻酔が一回で終わるようにご提案しています。

この子も下顎の乳歯の脱落遅延があり乳歯抜歯を行った子です。

下顎の永久犬歯が乳歯と同等の長さになっても乳歯の脱落が起きていません。

このままだと永久歯が上顎の歯茎にあたって穴が開いてしまいます。

 

左の上顎の乳犬歯も破折(折れて)います。

前歯の乳歯も残っており永久歯の位置が内側に生えてしまっています。

本当は前歯の事を考えるともっと早く乳歯を抜いたほうが良いのですが、

もともとこの子はアンダー気味の咬合(クラスⅢ 不正咬合?*)であったので犬歯のタイミングまで

様子を見ています。

*アンダーとは下あごが上あごに比べて長く本来なら上の前歯の内側に下の前歯が来るものが逆になる咬み合わせの事

*ブルドッグやフレンチブルドッグ等の短頭種ではアンダーが正常な咬合とされています。キャバリアにおいても情報が少ないですが一部の情報ではアンダーでもよく、成長に合わせて改善すると記載がありました。

 

この子の歯の異常をまとめると

・乳歯遺残 切歯、犬歯

・下顎犬歯の舌側変位

・クラスⅢ不正咬合

・乳歯の破折

がありました。

 

下顎の犬歯は上顎の第三切歯(前歯)の内側にあったので外科的矯正も考えました。

*外科的矯正とは位置が異常な

実際に乳歯を抜いて咬合を確認したところ、自然に犬歯の移動が起きれば問題ない範囲と判断しました。

その為外科的矯正は行わずこの症例に関しては乳歯抜歯のみで治療を行いました。

上顎の乳犬歯は歯根の吸収が起こっていたので時間がたてば抜けていたかもしれません。

翌日退院の際に確認したところすでに下顎犬歯はやや外側に変位していました。(顎の位置によるものかもしれません)

 

後日避妊手術の傷の抜糸に来られた時の写真がこちらです。

ほぼ犬歯の位置は正常に近いですが、右側の下顎犬歯は前歯と接触しています。

下顎が上顎対して長い為に仕方がないのですが、解消するためには上顎の切歯を抜く必要があります。

現状では生活に支障があるわけではない事と、

キャバリアが成長とともに不正咬合が治る場合があるという記載もあったので経過観察をしています。

今後この接触が続くと歯牙の摩耗が起きる可能性はあるのでその場合は抜歯も検討します。

 

〈本症例の記録〉
キャバリア・キング・チャールズ・スパニエル

6か月

5.3㎏

女の子

病名:乳歯遺残、不正咬合クラスⅢ

処置:抜歯(501.504.601.604.704.804)

麻酔時間: 20分

麻酔状態:安定

周術期の疼痛管理:メロキシカム

当日退院

 

 

子犬の歯並びについて

*閲覧注意 少しですが抜歯の際の出血がある写真があります。

 

犬を飼うといえばほとんどが小型犬になってずいぶん経ちます。

トイプードルをはじめとして、ヨーキー、ポメラニアンなど小型犬種では

乳歯遺残などによってかみ合わせが悪い場合がよく見られます。(不正咬合)

また、上下のあごの長さのアンバランスからくる不正咬合も良く見られます。

 

特に犬歯の永久歯が不正咬合を起こすと、上あごの歯茎や粘膜に傷をつけたり、

他の歯と過剰に接触して歯が削れる問題を起こすことがあります。

何らかの対処をしないとわんちゃんが不快な思いをしたり、歯を失う事もあります。

 

対処の方法はその状態に合わせて様々ですが、乳歯が生え変わるタイミングが最も選択肢が多くなります。

逆にそのタイミングを逃した後では多くの努力が必要になってきます。

具体的な方法としては

・乳歯をタイミングよく抜歯

・干渉する前歯を抜く

・生えてきてすぐの永久歯をずらして固定する(外科的矯正)

・永久歯の干渉する部分を切る(生活歯髄切断 せいせつ)

・様々な矯正

等の方法があります。

 

今回処置した症例をご紹介します。

下のあごの犬歯が前方やや内側に生えて上のあごの前歯の内側にあたっている子です。

このままだと歯ぐきが炎症を起こす可能性があるため、去勢手術と同時に歯の処置を行いました。

 

この子は最初のワクチンなどから継続的に来ていただいており、

その時から乳歯の生え変わりのタイミングで歯の問題が起きる可能性をお伝えしていました。

来院された時にはもうすでに下の犬歯は抜けてしまっていました。

このように下の永久犬歯が上の前歯の裏にあたっています。

下の写真は正常な咬み合わせです。

この時点で上の永久犬歯は上の乳犬歯の長さの1/2ほど萌出していました。

乳歯の脱落が起きるのは永久歯が乳歯の長さの2/3ぐらいまでなので、

上の犬歯の問題だけであればもう少しだけ様子を見ても良い状態です。

ただし下の永久犬歯を外科的矯正という方法で移動させるのであれば

この時点ですぐに処置をした方がよい状態でした。

ただ、飼い主さまの予定がどうしても合わず2週間後の処置になりました。

下はその時の写真です。

上の永久犬歯が乳歯の2/3の長さを超えても乳歯が残っているため

上の乳犬歯の脱落は遅れています。

この時点で飼い主様がなるべく一回の処置で歯並びをよくしたいとのご希望がありました。

その為、この子は犬歯が当たる上の両側の前歯を抜歯してスペースを作り、

下の犬歯を軽く脱臼させて移動する外科的矯正を行うことにしました。

処置後はこのように干渉しない状態になっています。

10 日後のチェックでは下顎犬歯もわずかに伸びてますが干渉を起こさず咬合しています。

子犬のこのような不正咬合はタイミングが重要になります。

一生の問題であり、タイミングを逃すと手間が増えることがあります。

5か月ごろからしっかりチェックをしてもらって適切に治療をしましょう。

 

〈本症例の記録〉

不正咬合 クラスⅠ

処置:永久歯抜歯(103.203)、乳歯抜歯(504.507.604.607)、外科的矯正(304.404)

麻酔時間: 30分(去勢含め約1時間)

麻酔状態:安定

周術期の疼痛管理:メロキシカム、リドカイン