岡山県南西(浅口郡里庄町)の
たるのどうぶつ診療所
新着情報用アイキャッチ
たるのどうぶつ診療所
たるのどうぶつ診療所
0865-64-6505
岡山県浅口郡里庄町里見9279
動物歯科 アクセス ペット手帳 インスタグラムブック
電話 電話 マップ MAP ペット手帳 予約 LINE LINE 診療日 診療日
新着情報

新着情報
News

定期的な歯科処置(歯石とり)のすすめ

皆さんこんにちは。

この記事をご覧いただいている皆さんはわんちゃんの歯やお口の健康に関心がある方と思います。

そんな歯とお口の健康を守るために飼い主様としてすることは実は単純です。

それは

・歯を壊す固いものを与えない

・歯ブラシで歯磨きをする

・定期的に歯科処置(歯石除去、歯石取り)をうける

これだけです。

もちろん様々な制限があり難しいこともあります。

一方、これができなければ歯を失うリスクがあると考えてください。

今回は『定期的な歯科処置』についてお話します。

 

まず、歯科処置という言葉ですが当院では歯周病の治療のために行う一連の麻酔・検査・処置を歯科処置といっています。

いわゆる歯石除去・歯石取りはこの一連の流れの中の一部となります。

 

なぜ『定期的な歯科処置』が必要かというと次の4つの理由があげられます。

①病気の兆候に早く気付く

②病気の診断の為

③病変の治療の為

④日々のブラッシングや処置の評価の為

です。

 

①病気の兆候に早く気付くことはどんな病気においても重要と思います。

歯周病は1~3歳のわんちゃんの80%以上に見られます。

そして、歯周病は進行性の病気ですので時間がたつと進行していき重度になります。

ですので1~3歳の時に初期の歯周病の兆候を把握して、対策をすることで歯を失う事が避けられます。重度になってからでは遅いのです。


日頃処置をしていて痛感することは、もっと早く来てくれていればもっと歯を残せて痛い思いをしなくて済んだのにということです。

そういう方でも歯科処置をして、その後わずかに残った歯の歯磨きを頑張られて十分に維持できているのです。

非常にもったいないといつも思います。

では、どれぐらい早くにすればいいかというと、

最初の歯科処置は1~3歳に受けてください。

通っている獣医さんで、まだ大丈夫ですよと言われてもちょっと待ってください。

麻酔をかけた状態でレントゲンとプロービング(歯周ポケットの検査)をしましたか?

それは、聴診器を当てる事もせずに心臓は問題ないですよと言うようなものです。

大丈夫かどうかは検査をしてみないとわからないのです。

どの年齢、どんな口の状態でも気になることがあればすぐに歯をしっかり見てくれる獣医さんに相談してください。最悪、歯は残せなくてもわんちゃんの苦しみをとってあげることはできます。

 

 

病気に早く気が付いたら②病気の診断をします。

同じ歯周病でも治療すれば元に戻る歯肉炎から、抜歯しかない重度の歯周炎まで様々です。

それが42本ある歯の68本ある歯根(歯の根っこ)の全周360度のどこに病変があるのか?

さらに、治せるかどうかに影響するのはどのような形態で歯槽骨が吸収しているか?

もし、病気をできる限り治したいと思うのであればこれらを正確に把握しなければいけません。

その為には麻酔をした状態でレントゲンを正確に、必要に応じて角度を変えて撮影すること。

適切にプローブを使用して歯周組織の検査をすること。

場合によってはボーンサウンディングという骨の形態の把握をすること。

等が必要になります。

当院では以下のようなチャートに検査結果を記録しています。


 

検査によって把握した病変は③治療をしなければ何の意味もありません。

定期的な歯科処置に疑問を持たれる方のなかには歯磨きだけで病気を防げると思われる方もいるかもしれません。

自分は今まで歯医者に行ったことがないというか方も稀にいるかもしれません。

たしかに、少ない割合ですが歯磨きをしていなくても歯周病になっていないわんちゃんもいます。

ですが頑張って歯磨きをしていても、やりにくい場所などに病変ができます。

人で8020運動という運動をご存知でしょうか?

80歳までに20本の歯を残しましょうという活動です。

人の歯は何本あるかご存知ですか?

答えは親知らずを入れて32本です。

ということは人でも約6割歯が残すことが目標ということです。

人より歯磨きができにくいわんちゃんは日々のケアだけですべての歯を残すのが難しいのもうなずけますね。

ですので日々上手に歯磨きをしていても、やりにくいところに汚れが蓄積します。

そこが病気になっているので治療するために定期的な処置が必要となります。


この子は3年前に当院で歯科処置をしました。

日頃から飼い主様が歯磨きを上手にされているので3年たっても口臭はほとんどなくおおむね歯ぐきも健康な状態に見えます。

このような子でもどうしても犬種や口の状態、歯周病のグレード(なりやすさ)によって悪いところが出てきます。

この子は下の奥歯の内側が歯石がたまり、歯ぐきが痩せていました。

 


ただ、幸いなことに病変は軽度でしたので大がかりな処置は必要ありませんでした。

 

また、歯周病において病院の役割は飼い主様がきれいにできないものや場所をきれいにすることにあります。

当院ではマイクロスコープ(歯科用顕微鏡)*を用いて肉眼では観察できない微細な部分の小さな歯石も取り残さないように処置を行っております。

https://taruno-ah.com/dental/dentalequipment.htmlで説明しています


拡大してみると白く濁っている歯石が多数残っていることがわかります。

また歯と歯の間にも歯石が付着し、歯肉の軽度退縮も見られます。

こういう汚れを残すとすぐに歯石が付きやすかったり、歯周ポケットの改善がなかったりします。

多くの病院で歯石取りはしていますが、このように見えないところをいかにこだわっているかが一番大事な部分になります。

 

さいごに③評価ですが、歯周病であるという診断は無麻酔でも可能な場合もあります。

ただし、どの歯のどこがどの程度悪いのかは麻酔をしていないとできません。

これは現在の歯周病の病態把握=診断のことです。

何の病気がどの程度悪いのかを確認せずに治療はしませんよね。

もう一つ、歯科処置後に悪かった場所を皆さんが頑張って歯磨きをした結果の評価も重要です。

治ったかどうかの確認をせずに治療を評価することもできません。

歯磨きを頑張った結果は気になりますよね。

写真はある子の処置前(左)と処置後半年(右)の状態です。

   

矢印の部分の歯槽骨が整っているのがわかります。

また歯槽骨の吸収も処置前は歯根の長さの半分ほどですが、処置後には8割ほど改善が見られます。

実際歯ぐきの状態も良好で歯もキレイです。

このような歯周病の改善は病院の処置と飼い主さんの日々のブラッシングが組み合わさると得られます。

努力の結果が確認できるとより頑張る気持ちがわきますね。

これも、半年後にチェックを目的とした歯科処置を行うからわかることです。

 

以上定期的な歯科処置についてその目的について説明しました。

さいごにじゃあどれぐらいの頻度で受ければよいのか?ということですが

基本的に1年に一回が基準となります。

小型犬でブラッシングができないなどリスクの高い場合は半年に一回をお勧めする場合もあります。

わんちゃんのお口の健康を大事にされるなら定期的な歯科処置を受けてください。

 

この記事を書いた人
獣医師 樽野謙太(たるのどうぶつ診療所 院長)
獣医師 樽野 謙太 /
たるのどうぶつ診療所(院長)

鳥取大学2008年卒、岡山県内の動物病院を勤務、2014年たるのどうぶつ診療所を開院。 動物歯科診療をはじめ、ワクチン予防接種や一般的な動物診療など幅広く診察を行っています。 治療を通してわんちゃん・ねこちゃんとのより良い関係を築いてほしい。 そのような想いをもってより良い獣医療の提供に努めています。
資格 獣医師免許
日本小動物歯科研究会レベル4認定
ペット栄養管理士
詳しいプロフィールはこちら
歯科のトピックの一覧へ戻る
Recent Posts
Category
  • 歯科関連書籍のご紹介 (2)
  • 歯科のトピック (4)
  • お知らせ (54)
  • ブログ (3)
  • ペット手帳
    アプリから事前ご予約を
    お取りいただけます!
    事前問診の記入や待ち人数の確認など、
    各種便利な機能も備わっています。
    LINEで友だち追加
    しませんか?
    当院の休診日などを
    定期的にお知らせします!
    お問い合わせも受け付けておりますので、
    お気軽にご連絡ください。