たるのどうぶつ診療所
たるのどうぶつ診療所
たるのどうぶつ診療所
0865-64-6505
岡山県浅口郡里庄町大字里見9279
動物歯科 アクセス フェイスブック インスタグラムブック
動物歯科について

動物歯科治療について
Dental Treatment

しっかり噛める歯で、
いつまでも健康に
わんちゃん、ねこちゃんの歯周病。
実は一番多い身近な病気です。

たるのどうぶつ診療所は、
動物の歯についての
正しい知識を発信し続けます。
3歳以上のわんちゃん・ねこちゃんのほぼみんなが歯周病を持っていると言われています。

歯周病はサイレントキラーとも呼ばれ、知らない間に寿命を縮めている病気なのです。ですが、きちんとオーラルケアを行えば防げる病気でもあります。

また、歯周病以外にも様々なお口の病気が存在し、それらが混在していることもあります。
動物歯科治療はそれらを見つけて診断し、その治療の選択肢を飼い主さんに提示できることが大切です。

残念ながら世の中にはペットのお口の健康に関連した間違った情報、グッズが山のようにあります。当診療所では正しい知識、治療を通して皆さんのペットの歯周病を無くしたいと思っています。

当診療所では専用のレントゲン、歯科ユニットなどを導入しています。
また、日本小動物歯科研究会に所属し常に最新の治療、情報を取り入れ、皆様に最善の治療を受けていただけるようにしています。

動物たちのお口のことで気になる症状がございましたら、お気軽にご来院ください。
犬・猫

こんな症状は
たるのどうぶつ診療所へ
お任せください

歯周病

歯周病は、ばい菌の感染によって歯ぐきと骨が腐る病気です。

3歳以上のわんちゃん・ねこちゃんの8割(実はもっと多いとも言われている)が罹患しているといわれています。その為、皆さんのわんちゃん・ねこちゃんはすでに歯周病の可能性が非常に高いと言えます。

リスクの高いどうぶつでは1歳未満から歯周病が始まっていることもよくあります。幼いうちからオーラルケアを始めることで、取り返しのつかない状態になる前に歯周病を防ぐことができます。

一方、歯周病が進行してしまってからでは完治が望めません。
一度も歯ブラシによるブラッシングをされたことがなければ歯周病を疑ってチェックを受けることをお勧めします。
犬の口内

なお当院では歯周病の病態に応じて、またそれぞれの歯によって次のような治療方法を使い分けています。
  • ブラッシング
  • スケーリング・ルートプレーニング
  • フラップ手術
  • 抜歯
  • 歯冠形態修正
  • ヘミセクション(二根歯を分割して一方のみ抜歯する方法)
    • いわゆる「歯石取り」だけが歯周病治療ではありません。
歯周病治療で大事なのは
  1. 飼い主様が日々歯ブラシを使ったブラッシングをすること
  2. 日々のブラッシングで歯周病がコントロールできるようなお口の状態にすること
    →病院でそれぞれの病態に合わせた処置を行うこと
  3. 継続的にチェックを行うこと
ぜひ歯周病を防いで健康な生活を目指してください。
動物用の歯ブラシ

不正咬合

咬合とは噛み合わせの事です。

本来の犬のかみ合わせでは、前歯は上の歯のすぐ後ろに下の歯が来ます。また下の犬歯の後ろに上の犬歯があります。(一部犬種は除く)この噛み合わせが、異常な状態を不正咬合といいます。

不正咬合で多いのは生まれつき上と下のあごの長さが違うもの(骨格性不正咬合)と、乳歯の生え変わりがうまくいかないことで起きるものです。

骨格性不正咬合にはクラスⅠ、クラスⅡ、クラスⅢという分類があります。クラスⅡの不正咬合は上あごに比較して下あごが短い噛み合わせで、下の犬歯が上あごにあたりやすくなるので注意が必要です。

最近の小型犬は、乳歯の生え変わりがうまくいかないことが多くなってきています。特に犬歯の乳歯が抜けるのが遅くなると、永久歯の犬歯が本来の位置に移動できずに不正咬合となることあります。

この場合、早期に乳歯を抜いてあげることで不正咬合を防ぐことができます。

破折

破折は歯が割れることです。歯が割れても動物がそのことを訴えることは少なく、気付かれていないことも非常に多い病気です。

犬は上の奥歯が割れることが多く、猫では犬歯が折れることが多いです。

犬の破折の主な原因は不適切なおやつを与えることで、ひづめや豚骨などがその中でも多くなっています。はさみで切れないような固いものは与えないことが大切です。

一方猫ではおそらく喧嘩によるものが多く、外に出る猫で多いようです。
猫の口内

破折は、①折れ方 ②折れてからの時間 ③予算によって治療方針が異なります。

折れ方としては、犬では平板破折といって奥歯が平たく割れることが多いのですが、歯髄(神経)が出ているかどうか、割れている部位が歯肉や歯槽骨の中まで達しているかどうかで治療が変わります。
歯髄が出ている場合は割れてから1~2日以内であれば歯髄を残せる可能性もあります。

猫の場合犬歯が折れることが多いのですが、その場合多くは歯髄も露出しているといわれます。
気付くのが遅かった場合歯髄が壊死し、歯根の先に膿瘍を作ることがあります。
歯根の先に膿瘍を作った場合で、できるだけ歯を残すのであれば歯内療法(神経を抜く治療)を行います。

また、どのような場合でも抜歯という選択をすることがあります。

う歯

いわゆる虫歯です。

犬はお口の中の細菌および酸性度、歯の形状が人とは異なり、また食性も異なるため齲蝕は非常に少ないです(猫での報告はありません)。

ただし、犬は人と生活をする中で人のものを食べること、また奥歯に人と同じような臼の形状の歯があるため、まれに齲蝕が見られることがあります。

その場合、普通の生活では見ることのない奥歯が罹患し、また疼痛も示さないことから気付くことはあまりないと思われます。

多くの場合は、歯科処置の際に偶発的に発見されるようです。

含歯嚢胞

永久歯が萌出するときにうまく出てこれずに、歯ぐきの中に残ることで起こる病気です。

通常、歯が正常に萌出するときは歯の表面を覆う膜が歯ぐきや周囲の骨を溶かすことで道を作ります。

含歯嚢胞では、向きや顎の骨の問題から歯が歯ぐきから出ない状態で留まってしまいます。

その際、歯の表面にある膜が周囲の骨などを溶かす流れは止まらないため、出てこない歯を中心に周囲の組織が溶けていきます。

ただし、膜は破れることはなく大きくなるため、外から見るとしこりのように膨らんだ状態になります。

治すにはその膜を歯とともに取り除く手術を行います。

時間が経過すると骨がかなり溶けてしまうので早期発見が重要です。

腫瘍

口腔内にも腫瘍は発生します。

お口の中の腫瘍は悪いものも多く、また発見が遅れる傾向にあります。
完治を目指す場合は顎をかなり切除することもあります。

日頃からお口のブラッシングなどのケアをすることで、早期発見につながります。

また、大がかりな手術が必要になる腫瘍は大きな病院を紹介させていただくこともございます。

口内炎

口内炎は口腔内の2か所以上の領域に炎症が見られる病態をいいます。いずれの病態でも痛みが強いのが特徴です。

犬でよく見られるのは接触性口内炎で、歯に付着した歯垢が口の粘膜にあたって、その部位に重度の炎症がおきる病気です。
治療は口腔内衛生環境の改善を試みますが、多くは最終的に抜歯を行います。

猫で口内炎といえば尾側口内炎がよく知られています。
これは炎症が歯に接する部位以外の、のどの奥まで見られることが特徴です。

のどの奥は食べ物をを飲み込むときにどうしても接触するため、重度の疼痛を示します。あくびをしても痛みがあり、よだれも良く出ます。

ただし、食欲が低下するわけではないので食べたいのに食べれないという苦しい病気です。治療は犬と同様に抜歯が行われます。

動物歯科治療の流れ

問診
動物の状態をお伺いします。
日常の生活の様子から痛みの状態や、病変部位、原因などを推測します。

また持病についてもその後の治療方針の決定に重要な項目になりますのでお伺いします。

その他、その子の性格や関係性など歯磨きや治療を行う上で必要な事もお伺いします。
治療の流れ
身体検査
まずは全身の状態をみます。見た目や触感・におい・体温など五感を使って異常がないかを確認します。

また、性格などもこの時に判断します。最後に口のチェックを行います。

ただし、お口の問題で来る動物はお口に痛みがあることも多く、その後の事を考えてあえて軽いチェックで終わることもあります。
治療の流れ
仮診断および治療方針のご提案
歯周病などは歯肉からの出血や歯周ポケットの深さ、歯槽骨の状態などで診断をしますがこれらは麻酔下でないと行えません。

この時点では多くの場合「仮診断」でお話をさせていただきます。

どのような病気が疑われ、どのような治療を行い、その結果どのような状態までどれぐらいの可能性で治るのか、またその後に必要な事そしてそれらに必要な費用などをお伝えします。
治療の流れ
治療
実際に治療を行います。

歯周病の治療では多くの場合全身麻酔をかけて行います。その場合、処置の当日の朝は11時までに絶食をして来院いただき、お迎えは夕方17~19時となります。
治療の流れ
経過の確認・デンタルケアのご説明
治療後の経過を確認します。それぞれの疾患によって必要な回数、期間などは異なります。

また、デンタルケアはいずれの場合にも必要ですので、その子にあった方法をご提案します。
治療の流れ

日常のケアについて

動物の骨格
最終的な目標は、適切な歯ブラシによる毎日の適切なブラッシングです。

最初からそれができるわんちゃん、ねこちゃん、飼い主様はほぼいません。なので、今できる事が何なのか、次のステップは何か、その子にあったやり方は何かなどオーダーメイドのサポートが必要になります。

場合によってはわんちゃんとのコミュニケーションから見直すことも必要になります。

決して最初から歯ブラシを使って無理やりすることはしてはいけません。少しずつ、楽しみながらわんちゃんがあまり嫌がらずできるように時間をかけてステップアップすることが大事です。

繰り返しますが現在、歯周病(その他、口腔衛生の悪さに起因する口腔疾患)を予防する手段として、
毎日の歯ブラシによるブラッシングより効果的な方法はありません。


最初は指によるマッサージやデンタルガム(必ず指定のもの)を使っても構いません。まずは継続してデンタルケアの習慣をつけることから始めましょう。

そして最終目標である歯ブラシによるブラッシングを目指しましょう。
動物の骨格

歯科治療における
全身麻酔について

動物における多くの歯科治療では、全身麻酔をかけることが多くあります。

全身麻酔と聞くと怖いという印象を受ける方が多いのではないでしょうか?残念ながら全身麻酔は100%安全ではありません。

ですが、100%安全ではないわけでもありません。「全身麻酔=怖いからダメ」ではなく、「今のお口の状況が改善するメリットvs全身麻酔のデメリット」と考えていただきたいと思います。

美味しくご飯が食べれる状況で過ごせることはわんちゃん、ねこちゃんにとって大事な事ではないでしょうか?

もちろんどうしても全身麻酔がかけれない動物もいますし、「全身麻酔がダメだから何もできない」というわけではありませんので、是非まずはご相談ください。
歯科治療の機械

LINEでお友達登録
しませんか?
各種予約、お問い合わせ、
休診情報などお届けします!
前日までであれば、予約診療日のご予約をLINEでお取りいただけます。