岡山県南西(浅口郡里庄町)の
たるのどうぶつ診療所
新着情報用アイキャッチ
たるのどうぶつ診療所
たるのどうぶつ診療所
0865-64-6505
岡山県浅口郡里庄町大字里見9279
動物歯科 アクセス フェイスブック インスタグラムブック
電話 電話する マップ マップ LINE予約 LINE予約 ページトップ ページトップ
新着情報

歯科治療事例
Case

歯の変形が原因となった歯周病

本症例の記録
犬種:トイ・プードル
性別:オス
年齢:2歳7か月
体重:2.7㎏
  • 病名:dens invaginatus :歯内歯 を疑う  エンド・ぺリオ病変の疑い
  • 処置:抜歯 スケーリング
  • 処置時間:1時間
  • 麻酔時間:1.5時間
  • 麻酔状態:良好
  • 痛みの管理:局所麻酔 NSAIDs

歯の変形は日常の動物歯科診療で比較的よく見られます。

多くは歯根(歯の根っこ)の変形、癒合根や歯根の湾曲、過剰な歯根など問題のないものです。

しかし、下の奥歯が大きく変形している場合は歯の神経が外部と交通してしまい感染を起こし根っこの先に病巣を作ることがあります。

このような歯をdes invaginatus:歯内歯 と呼ぶと記載があります。Wiggs‘s Veterinary Dentistry より

人の歯内歯は歯の表面が歯の内部に明らかに陥入して歯の中に歯を作っているように観察されます。このような構造のせいで虫歯の原因になりやすいと言われています。

ただ、犬の場合たしかに歯の中の歯髄の走行が異常であることは観察されますがエナメル質が陥入している様子はレントゲン上観察されないように思います。どちらかというと歯の形成の際に根分岐部付近で変形が起きて歯髄が開放している病態に思えます。

この病因に関してはまだはっきりわかっていません。

いずれにしても神経に感染が起きると歯の根っこの先に病変ができます。

また根っこの先にできた病巣から歯の根っこを遡って広範囲に歯槽骨の吸収が起きる事があります。

人では虫歯から神経に感染が起きて同様の病変が起きることがあります。

 

この症例は比較的若齢でしたが、部分的に歯ぐきの状態が悪く処置の前から歯根の変形が疑われたため処置を行いました。

悪いところの歯茎の写真です。


見慣れているとわかるのですが歯の形がおかしいです。

また歯ぐきの状態も悪く、歯ぐきの縁から離れたところから膿が出ています。

全身麻酔をかけてレントゲンを撮りました。



本来ならハの字になっている根っこがお互いに寄っています。

また歯の周囲全体的に骨が溶けて黒い部分が広くなっています。

歯の根っこの先には丸く黒く骨がない部分ができています。

隣の歯と比べると根っこの周りの状態が違うのがわかります。

 

下のは違う子のレントゲンですが本来の歯の形はこのような感じです。


 

 

歯の変形が原因となっている場合は基本的に抜歯となります。

歯の神経とどこでつながっているかがわからないので神経をとる処置をしてもどこかから膿が出てくる可能性が高いからです。

ただ残せる可能性が0ではないので、初期に見つけて神経を抜いて詰める治療をする場合もあります。

この子の場合は歯の根っこの先の病変が歯ぐきまで連続している為残せる可能性はかなり低いと判断しました。

この子は抜歯を行いました。


 

若いわんちゃんでもこのような異常が見られることがあります。

歯をしっかりみている獣医さんであればおそらくもっと早い段階でも異常を発見できます。

今後獣医療が発展していくとある程度は専門分野が分かれていくのではないでしょうか。

ジェネラリスト(かかりつけ医)は絶対に必要ですが、かかりつけ医以外に専門性のある動物病院も行くようになるのかもしれません。

獣医さん同士の連携がもっとできていくと、動物たちや飼い主さんにもより良い獣医療が提供できる日が来ることと思います。

歯周病の歯科治療事例の一覧へ戻る
Recent Posts
Category
  • 歯科治療事例 (14)
  • LINEでお友達登録
    しませんか?
    各種予約、お問い合わせ、
    休診情報などお届けします!
    前日までであれば、予約診療日のご予約をLINEでお取りいただけます。